ATTENTION!!

休業日 4月29日(金)~5月1日(日) 5月3日(火)~5月5日(木)
5月2日(月)、5月6日(金)は、通常通り営業日致します。

今まで埋め立て処分されていた使用済み蛍光灯がリサイクルされます。

文書保管サービス

トランクルーム 下沢倉庫

低コストで安心・便利な保存文書専用トランクルーム入出庫料無料、コストは保管料と廃棄時の廃棄料のみ

文章保管の詳細

廃棄メディア処理サービス

メディア処理機

CD-ROM,フロッピーディスク、ビデオテープ、カード類を確実に処理いたします。立会いのもと処理も可能

廃棄メディアの詳細

廃棄文書処理サービス

ゼロシステム 溶解処理

廃棄文書を未開封のまま、箱ごと溶解リサイクルする画期的なシステムです

溶解処理工程の動画 廃棄文章処理の詳細

「プライバシーマーク」付与認定取得のお知らせ

プライバシーマーク


平成26年11月24日付で財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の付与対象企業として認定を受けました。
「プライバシーマーク」付与認定取得のお知らせの詳細

セキュリティーパック21サービス

セキュリティーパック21用 セキュリティーBOX

引越し時に出る不要書類の処分にも最適。
全国1箱から安心のゆうパックで廃棄書類を未開封ごと溶解。
バインダー金具除去不要。
個人・法人でご利用いただけます。
セキュリティーパック21の詳細

Topics

平成21年 11月
財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の付与対象企業として認定を受けました。
平成20年 3月
御好評につき、3月1日からセキュリティーパック21の料金を値下げ致しました。
平成20年 2月
2月28日の中部経済新聞に弊社が取り上げられました。
平成19年 12月
年末年始の営業のお知らせを追加いたしました。
平成19年 12月
サービス料金の改定を致しました。
平成19年 12月
ホームページリニューアル致しました。
平成19年 11月
平成19年12月1日付けで株式会社に組織変更させていただきます。
平成18年 8月
東京商工リサーチTSR情報『見聞録』に取り上げられました。
平成18年 8月
雑誌『国際グラフ』(国際企画社発行)に萩原流行さんとの対談記事が掲載されました。
平成18年 5月
読売新聞『わが街企業ファイル』に掲載されました。
平成18年 5月
中部経済新聞に『セキュリティーパック21』が記事として、取り上げられました。
平成17年11月
中部経済新聞に『下沢トランクルーム』が記事として取り上げられました。
平成17年 7月
中部経済新聞に機密文書処理システム『ゼロシステム』が取り上げられました。
平成17年 6月
中部経済新聞『新時代の創業』に掲載されました。

今の書類廃棄処理の方法で安心ですか?

機密書類破棄から情報漏洩防止とリサイクルを両立します

一般的な廃棄書類処理の流れ

古紙原料再生業者の場合 ワラケンの場合
排出事業者 排出事業者
古紙回収業者
(禁忌品除去・選別作業)
ワラケン専用倉庫
古紙問屋(圧縮) 特定契約製紙工場
全国各製紙工場

弊社は、昭和40年から、古紙の販売を目的とするのではなく、お客様の情報保護の観点から機密文書の処理事業を行っており、常にお客様の立場に立った処理サービスをご提供して参りました。
機密書類処理専用のシステムで処理を行っているので安全、確実に処理を行います。
また、弊社では保存文書専用のトランクルームも併用しており、保存文書の保管管理から廃棄処理まで一貫した情報保護サービスをご提供させて頂いております。
そして長年の経験より、同等サービスを行う他社よりも低料金で承っております。
おかげさまで、金融機関様、一部上場企業様、優良企業様よりご愛顧頂いております

株式会社ワラケンのトップに戻る

個人情報保護法対策は万全ですか?

平成17年4月に個人情報保護法が施行されました。
昨今、個人情報の漏洩がマスコミを賑わしていますが、御社の個人情報管理は万全ですか?
個人情報の流失により流失元の企業は多大な損失を被ります。
IT全盛期の現在、企業の皆様は、デジタルデータからの情報流失対策にはコストを掛け、万全の体制で臨まれていると思いますが廃棄書類等のアナログデータに関しては如何でしょうか?
クローズアップされる情報流失事故の多くは確かにコンピュータ等からのデジタルデータの情報流失ですが、実は廃棄書類からの情報流失も昔からあとを絶ちません。
廃棄書類等のアナログデータの処理にも細心の注意を払われていますか?
個人情報保護法施行は他人事ではありません。

株式会社ワラケンのトップに戻る

個人情報保護法の要点、罰則

情報技術(IT)社会の進展に伴い拡大する個人情報の利用を保護するのが目的。

平成17年4月1日より施行。本人の同意を得ないで利用目的の範囲を超えたり、第三者に情報を提供したりすることが制限されるほか、本人から求められた場合は開示義務がある。
もし、個人情報を漏洩した場合には民事での損害賠償請求に加え、30万円以下の罰金等行政処分が課せられる。

株式会社ワラケンのトップに戻る

今の廃棄書類の処理方法は安全ですか?

廃棄書類の処理は、環境問題とあいまって古紙原料再生業者に委託するケースが多いかと思われます。
今まで事故が起こっていないから今までの業者や方法で大丈夫だろうというのは禁物です。
たまたま、今まで起こらなかっただけかもしれません。

株式会社ワラケンのトップに戻る

機密書類処理委託のチェックポイント

1.回収運搬方法は適切ですか?
平ボディのトラックで回収していませんか?これでは運搬途中で書類が飛散する可能性があります。
弊社の回収運搬車両は、アルミバン及びワンボックスタイプです。
2.禁忌品除去作業や選別作業を業者が行っていませんか?
またこれらの作業を委託した場合、適切に行われていますか?
作業従事者から機密が漏洩する恐れがあります。
また、選別作業を委託している場合、コストを安く抑える為に低賃金の労働者に機密書類処理作業を任せ、その扱いに注意を払われていない場合があります。
3.回収された機密文書は、適切に保管管理されていますか?
回収後、保管施設が機密書類専用施設でないために書類が離散したり持ち出しされるケースがあります。
弊社の保管施設は、機密書類専用の保管施設です。
24時間警備システムが稼動しており、弊社従業員以外立ち入りは出来ません。
また、機密書類は保管せずに直接溶解施設にも搬入可能です。
4.契約書が業者にありますか?
契約書のない業者は怪しい。
管理に責任が持てず、事故が起こる可能性があるために契約書を結ぶことに 消極的な業者もあります。
また、審査の厳しい信用ある大手企業等と取引がない可能性があります。
5.処理方法・処理過程・処理工場が明確ですか?
回収した業者が直接、処理工場に搬入していますか?
回収後、処理工場に搬入せず、古紙問屋等にそのまま受け渡す業者があります。
また、海外に輸出されているケースもあります。
古紙として第三者に書類が渡っていくので、セキュリティの意識はなくなり、最終的に機密が思わぬところから漏れる可能性があります。
6.料金の設定は妥当ですか?
セキュリティレベルに比例して、回収、管理、処理コストが増加します。
あまり安すぎる業者は要注意です。
(まともに管理もせずに高い料金設定をしている業者も中にはありますが・・・・・・)
7.委託先の従業員の服装、態度は、きちっとしていますか?
従業員の態度や身なりで会社のセキュリティに対する姿勢がうかがわれます。
株式会社ワラケンのトップに戻る

プライバシーポリシー(個人情報保護基本方針)

株式会社ワラケンは、お客様からお預かりした個人情報の取り扱いについて、常に個人情報保護の重要性を認識し、その取り扱いについて細心の注意を払い、JISQ15001に準拠した当社独自のコンプライアンスプログラム(CP)に従い、個人情報保護に継続的改善に努めてまいります。

  1. 当社は個人情報を適法かつ適切な方法で取得し、不正な収集は行いません。
  2. 当社は個人情報の利用目的を明確にし、その目的の達成に必要な範囲内でこれを取り扱います。
  3. 当社は保有する個人情報を、利用目的に必要な範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努めます。
  4. 当社は個人情報の取り扱いにあたって、破壊・漏えい・改ざんの防止などの安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  5. 当社は個人情報の取り扱いに際して、情報主体(本人)が適切に関与しえるよう配慮します。
株式会社ワラケンのトップに戻る